アンティークキリムとトライバルラグの専門ショップです。

部族・地域別

上の写真をクリックで下記の部族の手仕事をご覧いただけます。

●マーシュアラブ【明るく楽しい刺繍】

●アナトリアキリム【綴織の定番キリム】

●シャーサバン【飛びぬけたセンス】

●カシュガイ族【ギャベだけではない】

●アフシャール族【大胆で繊細な魅力】

●トルクメン族【草原の赤い絨毯】

●ウズベク族【中央アジアの至宝】

●クルド族【遊牧民文化の源流】

●ルル/バフティヤリー族【ザクロス山岳遊牧民の雄】

●バルーチ族【暗闇に光る宝石】

●ブーラフィー族【独自の個性が光る】

●アフガニスタンの毛織物 

●ベルベル族【北アフリカの遊牧民】

●アフリカンテキスタイル【クバ王国】

●チャイニーズラグ【中国西域】

●山岳少数民族布【タイ・ラオス・中国】

●世界の民族染織【インド~インドシナ】

●その他部族

サイズ用途別

●玄関マットサイズ【Sサイズ】

●ソファ前サイズ【Mサイズ】

●テーブルの下ビックサイズ【Lサイズ】

●廊下&キッチンランナーサイズ【細長いサイズ】

●壁掛け&カバー【マルチサイズ】

機能・用途別

上の写真をクリックで下記の部族の手仕事をご覧いただけます

●キリム&ジジム(平織り)

●トライバルラグ(パイル=絨毯)

●ランナー(細長い毛織物)

●ナンソフレ(正方形の毛織物)

●部族の袋物(サドルバックの表皮等)

●アンティークコレクション

●クッション&小物類

●アフリカンテキスタイル

●アジアンテキスタイル

●民族衣装

●刺繍布コレクション(スザニ)

●本(BOOK)

●セール&お値打ち品


ホームバルーチホラサーン バルーチ族 ジェーンベグ メインラグ(絨毯)
商品詳細

ホラサーン バルーチ族 ジェーンベグ メインラグ(絨毯)[T-589]

販売価格はお問い合わせください。

イラン東北地方 ホラサーン バルーチ絨毯

バルーチ族の主にテントの中にしかれるメインラグと呼ばれる絨毯。 乾燥地帯とオアシス都市を移動しながら現在でも遊牧生活を続ける最後の遊牧民といわれるのがバルーチ族。 現在では村に定住している人達がほとんどで、ネットショップなどで販売されるバルーチ絨毯ラベルの多くは、定住したバルーチ族によって織られている。

遊牧民のバルーチ絨毯との違いは、たくさんの物を見比べないとわからないが、簡単な方法としてタテ糸の素材が木綿の場合、定住バルーチのよる商業的な絨毯が多い。 商品として織られた絨毯が悪いわけではないが、世界にはバルーチマニアと呼ばれる熱狂的なファンもいて、彼らのコレクションやオークションなどに出品されるオリジナルバルーチは遊牧民のテント内に敷くために織られたものが選ばれている。

今回のラグはバルーチ族の中のジェーン・ベグと呼ばれる支族で、ベグとはトルコ語系で族長を意味する。 鮮やかな赤と濃紺の組み合わせは、ホラサーンのバルーチの特徴のひとつでもある。特にボーダー部分の花びらのようなデザインに生成りのアイボリーもバルーチらしい。このボーダーがジェーン・ベグの得意なデザインのひとつである。 ホラサーンの州都マシャドの中でも尊敬を集める、修復師の店で見つけたので、かなり古いものなのに状態は完璧である。

商品詳細
サイズ:165x95cm
産地:イラン北東部ホラサーン地方
部族:バルーチ族 (ジェーンベグ)
年代:1930年頃〜
技法:パイル
素材:羊毛
機能:敷物
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
赤と濃紺に生成りを織り込んだ、バルーチらしい色彩。
(画像をクリックすると大きく見られます)
幾何学モチーフだが、白い花が咲いているようなボーダー。
(画像をクリックすると大きく見られます)
タテ糸には手紡ぎの羊毛が使われている。
ご紹介するキリムやトライバルラグ、テキスタイルの多くは、現地の人々が実際に使うために作り、そして使用してきたものです。そのためにほつれやシミ、傷みなどがある場合があります。 そうしたコンディションをきちんと明記しているつもりですが、画像の数や画素数に制限があるため、全てをお伝えすることができない場合がございます。、ご購入の前に、詳しいコンディションのお問い合わせやリクエストをお気兼ねなくお寄せください。 展示会等に日程によりすぐの対応が出来ない場合があります。その際はまたのお越しをお待ちしております。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス