アンティークキリムとトライバルラグの専門ショップです。

部族・地域別

上の写真をクリックで下記の部族の手仕事をご覧いただけます。

●マーシュアラブ【明るく楽しい刺繍】

●アナトリアキリム【綴織の定番キリム】

●シャーサバン【飛びぬけたセンス】

●カシュガイ族【ギャベだけではない】

●アフシャール族【大胆で繊細な魅力】

●トルクメン族【草原の赤い絨毯】

●ウズベク族【中央アジアの至宝】

●クルド族【遊牧民文化の源流】

●ルル/バフティヤリー族【ザクロス山岳遊牧民の雄】

●バルーチ族【暗闇に光る宝石】

●ブーラフィー族【独自の個性が光る】

●アフガニスタンの毛織物 

●ベルベル族【北アフリカの遊牧民】

●アフリカンテキスタイル【クバ王国】

●チャイニーズラグ【中国西域】

●山岳少数民族布【タイ・ラオス・中国】

●世界の民族染織【インド~インドシナ】

●その他部族

サイズ用途別

●玄関マットサイズ【Sサイズ】

●ソファ前サイズ【Mサイズ】

●テーブルの下ビックサイズ【Lサイズ】

●廊下&キッチンランナーサイズ【細長いサイズ】

●壁掛け&カバー【マルチサイズ】

機能・用途別

上の写真をクリックで下記の部族の手仕事をご覧いただけます

●キリム&ジジム(平織り)

●トライバルラグ(パイル=絨毯)

●ランナー(細長い毛織物)

●ナンソフレ(正方形の毛織物)

●部族の袋物(サドルバックの表皮等)

●アンティークコレクション

●クッション&小物類

●アフリカンテキスタイル

●アジアンテキスタイル

●民族衣装

●刺繍布コレクション(スザニ)

●本(BOOK)

●セール&お値打ち品


ホームトルクメントルクメン エルサリベシール アンティークラグ
商品詳細

トルクメン エルサリベシール アンティークラグ[T-33]

販売価格はお問い合わせください。

中央アジア アムダリア川流域 ベシール トルクメンエルサリ支族 19世紀

トルクメンの中でも他のテケやサルーク、ヨムートなどの部族とは一味違う雰囲気とデザインを持つのが「ベシール」と呼ばれる絨毯です。研究者の間でも分類が分かれるようですが、ワシントンDCのテキスタイル美術館で行われたトルクメン絨毯だけの展示会の図録ではこの地域の絨毯を「BUKHARA=ブハラ」としています。その後はエルサリベシールと呼ばれることが多いのですが、最近の研究ではアムダリア川流域で半定住生活を送る「ラバーブ(川沿いに住む)トルクメン」と
する研究者もいます。遊牧系騎馬民族の代表でもあるテケ支族の絨毯に見られる圧党的な完成度と切れ味の良い、シャープな印象とは対照的な、やわらかく優しい雰囲気を持つのがベシールラグです。

多様なデザインと洗練されたテイストも持つことから、世界的な評価も高くオリジナルな状態の良いベシールラグは入手が難しくなっています。このラグは先に紹介したワシントンDCで行われた「The Turkmen」の展示会の総合プロデューサーであり、トルクメン絨毯研究家のJon Thompson氏のコレクションです。トライバルラグブームが最高潮期にあった1993年にニューヨークのSotheby'sでJon Thompson氏のトルクメンコレクションのオークションが開催されましたが、その時に落札したものです。他のトルクメンラグやテントベルトなどは評価価格の数倍に競りあがりとてもついていきませんでしたが#33のこのラグだけは不思議とそれほど競りあがらず入手することが出来ました。

そのNY.Sotheby's1993 Jon Thompson collectionのカタログには、19世紀にアムダリア川周辺のエルサリ系部族によずて織られたベシールラグと掲載されています。一部に穴があり修復はしていませんが、全体としての状態はまあまあです。
ただしかなり古くパイルも減って来ていることから敷物としての使用は少し難しいかもしれません。100年を超えた絨毯の持つ風合いとおそらく茜と藍で染められたと思われる深みのある、赤とブルーが特徴です。

 


※この商品は価格についての問い合せが必要なために、カード決済ができません。
お手数ですが、メールや電話などにてお問い合わせ下さるようお願いいたします。
商品詳細
サイズ:158x112cm
産地:中央アジア トルクメニスタン アムダリア川流域
部族:トルクメン エルサリ族 ベシール
年代:19世紀 アンティーク
技法:パイル
素材:羊毛
機能:メインラグ 敷物
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
19世紀のトルクメンラグに見られる、濃い色合いの手紡ぎタテ糸が使われています。
(画像をクリックすると大きく見られます)
ベシールラグのボーダーに時々登場する花のようなモチーフで、中央アジアの草原に咲き乱れる芥子の花という説もあります。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中央部分のモチーフにはウズベキスタンが有名な絣(アトラス)のモチーフと関連性もあると考えられています。左端の部分はパイルが減ってタテ糸が見えています。
ご紹介するキリムやトライバルラグ、テキスタイルの多くは、現地の人々が実際に使うために作り、そして使用してきたものです。そのためにほつれやシミ、傷みなどがある場合があります。 そうしたコンディションをきちんと明記しているつもりですが、画像の数や画素数に制限があるため、全てをお伝えすることができない場合がございます。、ご購入の前に、詳しいコンディションのお問い合わせやリクエストをお気兼ねなくお寄せください。 展示会等に日程によりすぐの対応が出来ない場合があります。その際はまたのお越しをお待ちしております。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス