アンティークキリムとトライバルラグの専門ショップです。

部族・地域別

上の写真をクリックで下記の部族の手仕事をご覧いただけます。

●マーシュアラブ【明るく楽しい刺繍】

●アナトリアキリム【綴織の定番キリム】

●シャーサバン【飛びぬけたセンス】

●カシュガイ族【ギャベだけではない】

●アフシャール族【大胆で繊細な魅力】

●トルクメン族【草原の赤い絨毯】

●ウズベク族【中央アジアの至宝】

●クルド族【遊牧民文化の源流】

●ルル/バフティヤリー族【ザクロス山岳遊牧民の雄】

●バルーチ族【暗闇に光る宝石】

●ブーラフィー族【独自の個性が光る】

●アフガニスタンの毛織物 

●ベルベル族【北アフリカの遊牧民】

●アフリカンテキスタイル【クバ王国】

●チャイニーズラグ【中国西域】

●山岳少数民族布【タイ・ラオス・中国】

●世界の民族染織【インド~インドシナ】

●その他部族

サイズ用途別

●玄関マットサイズ【Sサイズ】

●ソファ前サイズ【Mサイズ】

●テーブルの下ビックサイズ【Lサイズ】

●廊下&キッチンランナーサイズ【細長いサイズ】

●壁掛け&カバー【マルチサイズ】

機能・用途別

上の写真をクリックで下記の部族の手仕事をご覧いただけます

●キリム&ジジム(平織り)

●トライバルラグ(パイル=絨毯)

●ランナー(細長い毛織物)

●ナンソフレ(正方形の毛織物)

●部族の袋物(サドルバックの表皮等)

●アンティークコレクション

●クッション&小物類

●アフリカンテキスタイル

●アジアンテキスタイル

●民族衣装

●刺繍布コレクション(スザニ)

●本(BOOK)

●セール&お値打ち品


ホームカモ村カモ ナンソフレ 
商品詳細

カモ ナンソフレ [P1080646]

販売価格はお問い合わせください。

イラン 中部 カシャーン周辺 カモ村 ナンソフレ  

中央部分にラクダの毛を使ったナン用ソフレ。イランの高原の中央部カビール砂漠の東南にある古き良きイランの面影を残すカシャーンやアブヤーネは、イラン人にも人気の観光地となっている。日干し煉瓦を積み上げた、素朴な家並みと、山からの雪解け水を利用した水路とすずかけなどの並木道が日本の里山を思わせる地域です。古くから続くこの地域の原風景でもあり、水車のある粉引き小屋で精製された小麦で作る素朴なナンも美味ですが、そのナン作りには欠かせない毛織物(ソフレ)です。定住したカモ村の人たちによって織られたソフレですが、中央部にはラクダの毛を使用し、周りには染めていない黒毛羊毛とインディゴブルーと鮮やかなピンクで染められた糸が使われています。このセンスあふれる色彩とデザイン性がカモソフレの特徴です。

Parviz Tanavoli氏の「sofreh of KAMO」にはアート性にとんだソフレが紹介されています。ただもともと数が少ない上にコレクターの収集がすすんだのでここ10年程バザールなどで見かけることはほとんど無くなってしまいました。たいへんに貴重なキリムのひとつです。
ソフレについてはこちらもご覧下さい。ソフレコレクション


※この商品は価格についての問い合せが必要なために、カード決済ができません。
お手数ですが、メールや電話などにてお問い合わせ下さるようお願いいたします。
商品詳細
サイズ:133x128cm
産地:イラン 中部 カモ村
部族:イラン系
年代:1920年頃
技法:綴れ織り(キリム)
素材:羊毛+ラクダ毛
他の写真
カモソフレの中央部分
(画像をクリックすると大きく見られます)
綴れ織りに白い木綿の織り。
(画像をクリックすると大きく見られます)
端部分。
ご紹介するキリムやトライバルラグ、テキスタイルの多くは、現地の人々が実際に使うために作り、そして使用してきたものです。そのためにほつれやシミ、傷みなどがある場合があります。 そうしたコンディションをきちんと明記しているつもりですが、画像の数や画素数に制限があるため、全てをお伝えすることができない場合がございます。、ご購入の前に、詳しいコンディションのお問い合わせやリクエストをお気兼ねなくお寄せください。 展示会等に日程によりすぐの対応が出来ない場合があります。その際はまたのお越しをお待ちしております。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス